環境方針

地球の環境保全に対する取り組みは、持続可能で豊かな社会づくりの上で、企業が取り組むべき重要なテーマであり、責任です。
CDGでは、企業理念でも「環境にやさしい企業」であることを目指すとしており、事業活動を通じてこれを実践するよう自社の環境方針を定めています。

CDGの環境方針

1.省資源、省エネルギーの推進

事業活動で使用する燃料や電力、および商品の調査・企画・制作・販売活動にともなう資材の使用を節減するとともに、作業にかかわる時間の短縮、廃棄物の削減及びリサイクル・リユースを推進する。これにより、資源・エネルギーの消費効率を高め、環境負荷の低減ならびに環境汚染の予防に努める。

2.エコ関連商品の推進

環境に配慮したエコ関連商品の販売を推進するとともに、新商品の企画においても環境保全の視点を積極的に取り入れ、環境に配慮した商品の普及に努める。

3.環境関連法規制の遵守

環境関連法規制等の法令ならびに国が定める指針を遵守すると共に、近隣地域住民及び業界団体等の進める環境保全活動に参画する。

4.目標管理活動の継続的な推進

CDGの環境方針に沿って目的と目標を設定し、手段を明確にした上で達成に向けて取り組む。
取り組みの状況や成果については、経営者による見直し会議、環境マネジメントシステム監査等において定期的に評価し、目標管理活動により継続的な改善に努める。

5.啓発活動の推進

社内の環境保全活動推進体制と責任を明確にし、社内教育を通じて社員一人ひとりが環境問題に関する意識を深め、日々の業務において具体的な取り組みを継続して行うよう啓発活動を推進する。

この環境方針は、全社員に周知するとともに、社外へも公開しその達成に努めます。

2015年4月1日 改訂
株式会社CDG
代表取締役社長 大平 孝

ページトップに戻る