ディスクロージャーポリシー

当社グループでは、ガバナンスやコンプライアンスの順守に努め、透明性と倫理性の高い経営を目指しています。情報開示においても、株主や投資家の方々をはじめとする様々なステークホルダーの皆様に対し、法的かつ倫理的なルールに基づいて適切に遂行されるよう、情報開示方針を定め、これを推進しています。

情報開示における基本方針

当社グループは、当社およびその連結子会社に関して、金融商品取引法および東京証券取引所が定める有価証券上場規定などの法令・規則に則り、公平性、迅速性、透明性、正確性を重視した情報開示を行います。

また、東京証券取引所の適時開示規則で定められている重要情報については、特に厳正に管理する体制と仕組みを整備し、公平性の確保に努めます。

さらに、適時開示規則で重要情報として指定されていない情報についても、株主や投資家の皆様、社会の皆様にお知らせすべきものと判断した場合には、当社ホームページや報道関係者向け資料などを通じて積極的に開示を行います。

情報開示の方法

当社グループは、重要情報の開示を行う際は、適時開示規則に則って、東京証券取引所の「適時開示情報伝達システム(TDnet)」に登録し、公開します。また、TDnetにより公開された情報は、当社ホームページ上でも迅速に掲載します。

また、重要情報に当たらない情報については、当社ホームページに掲載し、内容によっては、報道関係者向けにも情報を提供します。

業績予想と将来の見通し

当社グループが発表する決算短信などの決算関連資料には、業績予想や将来の見通しに関わる情報が含まれています。これらのうち、過去の事実に関するもの以外は、それが作成された時点で当社が入手し得た様々な情報の分析から導いた、予測や仮定に基づいています。よって、それ以降に予想や見通しが変更する可能性があることがあります。さらに、実際の業績や事業環境については、経済情勢を含む社内外の様々な変化や状況により、業績予想や見通しと異なる場合があります。

沈黙期間

当社グループは、重要情報の漏洩防止と公平性の確保の立場から、原則として、四半期ごとの決算期日の翌日からその決算発表日までを「沈黙期間」とし、当該四半期および当該四半期を含む半期または通期の決算に関するお問合せへのご対応をお断りすると同時に、積極的なIR活動を控えています。

ただし、万が一、この沈黙期間中に業績予想の変更や重要情報が発生した場合には、開示規則などの規定に則り、情報の開示を行います。

また、この期間内でも、すでに公開された過去の情報については、通常通りの対応を行うこととしています。

ページトップに戻る