配当について(配当方針、配当状況)

配当方針

当社は、将来の事業展開と経営体質強化のために必要な内部留保を確保する一方で、安定した配当を継続していくことを配当方針の基本としています。

配当の決定および実行については、当社の定款に定める通り、法令に別段の定めのある場合を除き、会社法第459条第1項の規定に則って、株主総会の決議によらず、取締役会の決議によって行っています。

配当は、中間配当および期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを原則としていますが、中間配当については、半期における業績および通期の見通しなどに基づき、配当を行うかどうかを慎重に検討し、決定することとしています。

配当金の金額は、経営環境の変化に対応しながら企業価値を高めていけるよう、必要な領域や人材への投資戦略を鑑みつつ、できる限り株主の皆様の利益拡大の視点を持って決定しています。

当社では、今後もROE経営を重視し、引き続き連結配当性向30%以上を目標として、株主の皆様へのさらなる還元を目指します。

配当状況

前期の配当金につきましては、1株につき30円の期末配当を行い、年間で30円となりました。今期については、1株当たり年間30円の配当を行う予定としています。

  2013年
3月期
2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
(予想)
中間配当 00.00円 00.00円 00.00円 00.00円 00.00円 00.00円
期末配当 25.00円 25.00円 27.00円 26.00円 30.00円 30.00円
年間 25.00円 25.00円 27.00円 26.00円 30.00円 30.00円
配当金総額 146百万円 145百万円 157百万円 151百万円 176百万円
配当性向(連結) 37.4% 32.5% 31.4% 35.2% 36.4% 31.9%
純資産配当率
(連結)
4.3% 4.0% 3.9% 3.4% 3.7%
ページトップに戻る