お知らせ

リリース

セブン銀行ATMと人気アニメ『進撃の巨人』の異色コラボを CDGがプロデュース

特別仕様のATMや巨人に出会える仕掛けなど これまでにない演出でセブン銀行の新たなユーザーの開拓をサポート

 幅広いマーケティングソリューションを提供する株式会社CDG(本社:大阪市北区、代表取締役社長:大平 孝、以下「CDG」)は、この度、株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二子石 謙輔、以下「セブン銀行」)と人気アニメ『進撃の巨人』の異色コラボレーションを企画し、セブン銀行ATMコーナー(中野ブロードウェイ 共同出張所)のプロデュースを担当しました。

 このコラボレーションは、サブカルの聖地として名高い複合商業ビル、中野ブロードウェイ(東京都中野区)内にあるセブン銀行ATMコーナーで実現しました。ATMはもちろん、天井、壁、床には、作品のタイトルや登場人物であるエレンやリヴァイが描かれるなど、コーナー全体が作品の世界観を表現した特別な空間に仕上がっています。

セブン銀行ATMと人気アニメ『進撃の巨人』の異色コラボを CDGがプロデュース

 「巨人出現注意」と書かれた壁には、スマートフォンやデジカメでフラッシュ撮影をした方だけが、『進撃の巨人』に登場する巨人に出会えるという仕掛けが施されています。
これは、フラッシュ撮影により、写真にだけ巨人が写り込むという特殊な技術を活用しており、ATMコーナーでエンタテイメント性のある体験ができるよう演出を加えています。

 このコラボレーションは、本日2017年3月31日(金)から6月30日(金)までの期間限定です。その間も、ATMは通常通りどなたでもご利用いただくことができます。

CDGは、これまでもセブン銀行の様々な販促活動のサポートをさせていただいています。

 今回、この特別仕様のATMコーナーについては、企画からライセンス交渉・管理、デザイン、制作、設営までを担当しています。若者を中心に、より多くの方々にご利用いただけるよう、従来のセブン銀行ATMコーナーとは一味違った仕掛けや演出にこだわった企画を行いました。
 
 また、セブン銀行と『進撃の巨人』の特別コラボレーションは、CDGが総合代理店としてイベントの運営を担当する「ニコニコ超会議 2017」(会場:幕張メッセ、期間:2017年4月29日~30日)でも実現する予定です。

■セブン銀行X『進撃の巨人』のスペシャルコラボATM

セブン銀行ATMと人気アニメ『進撃の巨人』の異色コラボを CDGがプロデュース

場所:中野ブロードウェイ セブン銀行ATMコーナー
  (東京都中野区中野5丁目52-15地下1階 プチパリ内)
設置期間:2017年3月31日(金)~2017年6月30日(金)
  (上記期間終了後は通常のATMコーナーとして営業)
営業時間:10:00~20:00
休業日:不定休(中野ブロードウェイの休業日に準ずる)

特設サイト リンク

セブン銀行ATMと人気アニメ『進撃の巨人』の異色コラボを CDGがプロデュース

■『進撃の巨人』について
『進撃の巨人』は、諫山 創氏が「別冊少年マガジン(講談社刊)」にて連載中の大人気マンガ。コミックの累計発行部数は累計6,300万部を超える。2013年4月にテレビアニメの放送がスタート。2014年に総集編の劇場版 前編、2015年に劇場版 後編が公開された。
2017年4月1日から、待望のSeason 2の放送が開始、これまでのメインスタッフが再集結した。詳細は公式サイトにて随時更新。



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

http://shingeki.tv/season2/



本件に関するお問い合わせ
株式会社CDG 広報担当 山中/寺岡  Tel:03-6858-3910  Mail:pr@cdg.co.jp



株式会社CDGについて
店頭からオンラインまでをつなぐプロモ-ショナル・マーケティングの企画立案・実施をはじめ、クライアント企業の営業促進に向けた幅広い販促ソリューションサービスを提供。消費者起点で立案・実施する効果の高いソリューションは、各業界のトップブランドを含む25業種以上の企業に導入いただいている。1974年大阪で創業、2016年3月度連結売上高10,605百万円、グループ従業員数204名(2016年12月末現在)。大阪本社とともに、千代田区有楽町に東京本社を構える。東証一部上場。

ページトップに戻る