お知らせ

お知らせ

ニコニコ超会議2018「超囲碁・将棋 タカラレーベン ブース」を担当 ~ 超有名棋士の直筆扇子をアレンジメント ~


ゴールデンウィーク恒例のイベントとなった「ニコニコ超会議」(主催:ニコニコ超会議 実行委員会)が、今年も4月28日(土)、29日(日)に幕張メッセで開催されました。主催者によると、7回目を迎えた今回、会場来場者数は、過去最高の16万1277人、会場からの公式生放送をオンラインで視聴したネット来場者数は612万1170人だったそうです。

CDGがこれまでも様々なブースの企画・設営・運営などで関わらせていただいてきた「ニコニコ超会議」。今年は、「超囲碁・将棋ブース」に株式会社タカラレーベンが協賛した「直筆扇子コーナー」の企画と設計・設営を担当させていただきました。

ニコニコ超会議2018「超囲碁・将棋 タカラレーベン ブース」を担当 ~ 超有名棋士の直筆扇子をアレンジメント ~

扇子といえば、棋士の必需品としておなじみですが、意外にトップ棋士の直筆扇子を一同に見ることができる機会はあまりありません。将棋のタイトル戦の一つである叡王戦をサポートしているタカラレーベンの協賛コーナーということで、第三期叡王戦の本戦に進出した、まさに日本を代表する棋士による直筆扇子を目玉にコーナーをつくりあげました。
公益社団法人 日本将棋連盟にもご協力をいただき、第3期叡王戦決勝七番勝負に出場の金井恒太六段、髙見泰地六段に加え、佐藤天彦名人や、最年少プロ棋士として様々な記録を塗り替えている藤井聡太七段(当時六段)など棋士10名の方々が「ニコニコ超会議」のためだけに揮毫した貴重な扇子に、連日多くの来場者の方々が見入っていました。

ニコニコ超会議2018「超囲碁・将棋 タカラレーベン ブース」を担当 ~ 超有名棋士の直筆扇子をアレンジメント ~
ニコニコ超会議2018「超囲碁・将棋 タカラレーベン ブース」を担当 ~ 超有名棋士の直筆扇子をアレンジメント ~

また、この企画の一環として、ブースに来場してくださった方へのオリジナルプレゼントも準備。タカラレーベンの事業にちなんでデザインしたマンション型のプレゼントボックスも大好評でした。

また、タカラレーベンの企業キャラクター「れ~べ~」も「ニコニコ超会議」のオープニングイベントに参加し、多くの方々との写真撮影ができてとてもうれしそうな表情を見せていました。



株式会社タカラレーベン ホームページは下記よりアクセス
http://www.leben.co.jp/

ページトップに戻る