お知らせ

CSR

2019年「年末寄付活動」のご報告

 

CDGが長年行っている年末寄付活動。今年も、社員が中心となって12月上旬に社内での寄付活動を行いました。社員による寄付金のほぼ同額を会社が加算し、その総額を全国の児童養護施設や障がい者施設など計13か所にお送りしました。

 

都内4か所の施設には、毎年、その年の新入社員が直接お届けしています。今年は、12月16日(月)から12月20日(金)の間に、18名の新入社員がグループに分かれ、児童養護施設である「まつば園」(東京都板橋区)、「東京育成園」(東京都世田谷区)、「あけの星学園」(東京都中野区)、「星美ホーム」(東京都北区)を訪問させていただきました。

 

ご訪問の際には、各施設長様から施設でのお取り組みや社会課題などについてもお話を伺いました。社員からは、「環境に関わらず誰もが自分の歩みたい人生を送れるよう、これからも自分にできることを考えたい」、「CDGが理念にあげているように、自分たちの繁栄のためだけに利益を生み出し続けるのではなく、社会に貢献し続けることが大切だということを実感した」、「これからも仕事を通して社会との向き合い方を考えていきたい」といった感想が上がっていました。

 

CDGグループでは、グループ各社そして社員一人ひとりが社会の一員としての役割を果たせるよう、こうした活動を今後も続けていきたいと考えています。

 

2019年「年末寄付活動」のご報告
2019年「年末寄付活動」のご報告
2019年「年末寄付活動」のご報告
2019年「年末寄付活動」のご報告
ページトップに戻る