サステナビリティ方針

当社は、社員の豊かさの実現と環境に配慮しながら社会に喜ばれる企業となることを経営理念に掲げており、これが当社のサステナビリティの在り方を示す原点にもなっています。

この理念に基づき、CDGが経営において特に重視するステークホルダー「社員」「お客様」「株主様」「社会/コミュニティ」に対し、価値を提供していくことを当社の社会的責任であると認識し、サステナビリティ基本方針を下記のように定めています。

経営理念

全社員の心が豊かになり、健康な身体で物質的にも豊かになる事を追求する。
公共面では環境にやさしい企業として世の為、人の為に喜ばれる企業になる。
その為には常に利益の出る仕組みを作り続ける企業でなくてはなりません。

サステナビリティで意識すべき重要なステークホルダー
社員 株主 お客様 社会/
コミュニティ
サステナビリティ基本方針
私たちCDGは、持続可能な社会の実現に向け、イノベーションを追求することでプロモーション機能の発信力を高め、ビジョンの実現と新たな挑戦を通じて、さまざまな社会課題の解決と企業価値の向上に取り組んでいきます。
  • 1.
    社会に対する新しい可能性や価値の提供
    共創視点で新しい価値を創造し、企業活動を通じて社会におどろきや歓びを提供します。
  • 2.
    働きがいのある職場作り
    全社員の心が豊かになることを追求するとともに、チャレンジを積極的に認め、事業にやりがいと誇り、個性が活かされ、平等で多様性に富んだ職場環境を実現します。
  • 3.
    法令と社会規範の順守
    全ての企業活動で法令・社会規範を遵守すると共に、自らを律し、社会の期待・要請をいち早く把握し誠実に対応します。
  • 4.
    公正な取引の推進
    取引先とは相互信頼を大切にし、公明正大な取引関係を追求するとともに、社会課題解決に向けて責任ある調達を推進します。
  • 5.
    地域社会への参加
    地域社会との対話と協働を通じて、地域社会の発展に貢献するとともに、適切な納税を通じて、地域社会の成⻑も貢献します。
サステナビリティの主な取り組み領域
職場環境 ガバナンス/
コンプライアンス
環境 サービス品質 社会貢献活動

この方針をパートナー企業やお取引先様、また社員と共有し、企業活動全体を通じて社会的責任に対する取り組みを強化していきたいと考えています。

また、社会的責任を徹底することで、自社の企業価値を継続的に高め、なお一層世のため、人のために貢献できる企業としての成長を目指していきます。

サステナビリティの取り組み

当社では、すべての事業活動の原点である経営理念、およびサステナビリティの基本方針に基づき、「職場環境」「ガバナンスとコンプライアンス」「サービス品質」「環境」「社会活動」をサステナビリティで取り組むべき重要な領域として設定し、推進しています。

職場環境 ガバナンス/
コンプライアンス
環境 サービス品質 社会貢献活動

健康経営

働きがいのある職場環境づくり

ダイバーシティの推進

ワークライフバランスの推進

在宅やフレックス制度など時代に合わせた働き方

任意の諮問委員会の設置

内部統制システムの整備

リスクマネジメント

社員の意識啓発

環境マネジメントシステムの導入

省エネルギー化への推進

グリーン調達の推進

業務効率化の推進

社会貢献活動との連携

顧客価値の追求

ビジネスパートナーの選択基準

品質管理基準の導入と徹底

安全性の確保

募金・寄付活動

障害者雇用(CDGファーム)

地方創生プロジェクト

ステークホルダーに対する新しい価値の提供を通じて、
持続可能なよりよい社会づくりに寄与

社員 株主 お客様 社会/
コミュニティ
ページトップに戻る